映画名セリフ

【風と共に去りぬ】Tomorrow is another day

不朽の名作と呼ばれる映画『風と共に去りぬ』と言えば、主人公スカーレット・オハラの最後のセリフ、「After all, tomorrow is another day.(明日は明日の風が吹く)」を思い出します。

実はこの字幕には賛否があること、そして他にもいろいろな訳され方があることをご存知ですか?

『風と共に去りぬ』の名セリフからは、″映画と字幕″の面白い関係性が見えてきます。今回は『風と共に去りぬ』の名セリフ、「After all, tomorrow is another day.」について解説します。

MORE

【オズの魔法使い】we’re not in kansas anymore

ふと、自分の感情や置かれた状況が「あの映画のシーンそのものだ」と感じて、そのセリフが出てくることってありますよね。

今回は「オズの魔法使い」の有名なセリフを解説します!

“Toto, I’ve got a feeling we’re not in Kansas anymore″

画像引用:The Wizard Of Oz 公式Facebookページ

『オズの魔法使い』(the Wizard of Oz)で、主人公ドロシーが愛犬トトと共に、見知らぬ世界へ竜巻で飛ばされたあとにつぶやいたひと言も、日常生活で使われるようになった映画名セリフのひとつです。

直訳すると「トト、私たちはもうカンザスにはいないみたい」ですが、ドロシーにとっての「カンザス」、つまり住み慣れた心地よい場所から踏み出したとき、不慣れな状況に置かれることを表現する慣用句として使われています。

『オズの魔法使い』自体1939年の古い映画なので若い人が使っているイメージはそんなにありませんが、有名なセリフですので他の映画やドラマでもよくでてくる表現なんです。

MORE