【厳しめ感想アリ】安いオンライン英会話を比較しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年のインターネットの普及によって、英語学習の方法は多様化してきました。特に、実践的な英会話を練習したいと思った時に、かつては英会話教室に通ったり、海外留学をするのが当たり前でした。しかし今では、オンラインの通話機能Skypeを使って、より安い料金で、しかも自宅でお手ごろに英会話レッスンを受けられる時代となりました。そんな中、オンライン英会話のサービスがたくさんありすぎて、どれが一番良いのかわからない!と迷ってしまう方も多いと思います。そこで今回は、低価格で受けられるオンライン英会話サービスを7社取り上げ、現在も英語学習中である筆者よる少々厳しめの意見を踏まえて比較検討してみたいと思います。

<月額制>

 オンライン英会話の料金体制には大きく分けて2種類あります。1つは月額制のもの、もう1つはレッスンごとに支払いを済ませるものです。まずは月額制のサービスを提供している会社4社を、料金が安い順にご紹介していきます。なお、ここに挙げている値段は全て2017年2月現在のものです。

ぐんぐん英会話 (http://www.gge.co.jp)

ぐんぐん英会話は「100円英会話」と銘打っているほど、低価格で英会話レッスンを受けられることに定評があります。料金プランはベーシック、スーパー、プレミアムと3段階あり、一番安いベーシックは月額6,480円です。このプランでは、15分のレッスンを1日2回まで予約することができます。2回連続して受講すると、レッスン時間が35分になり、5分だけ延長される仕組みになっています。無料体験は15分のレッスンを2回受けることができます。

  • 良い点:とにかく安い、講師は全員フィリピンにあるオフィスからレッスンを行うので、回線が安定している
  • 悪い点:6時~25時までしか利用できない、講師は全員フィリピン人、自己紹介のビデオがない講師もいる、決まった教材がない

ぐんぐん英会話は、とにかく安いので、毎日少しずつ英語に触れる機会を増やしたいという人には良いと思います。また、講師は全員フィリピン人ですが、自宅ではなくオフィスから指導をしているので、講師同士の連携や統制がとれている印象を受けます。

ただ、講師の質がピンキリで、ただのおしゃべり感覚の学生講師から、指導経験のある講師まで様々ですので、自分にあった講師に出会うまでは時間がかかるかもしれません。また、基本的に決まった教材はなく、講師が選んだ教材か自分がリクエストした内容でのレッスンとなります。ですので、講師によってはプロ意識が低く、「今日はなにをしたい?」「なにを話したい?」というところからレッスンが始まる場合があります。

DMM英会話 (http://eikaiwa.dmm.com)

こちらも1番お得なプランであれば1レッスン124円で受講することができます(月額11,500円で1日3回、計75分のレッスンを受けられるプラン)。月額で比べた場合、1番安いのは4,950円のプランで、25分のレッスンを1日1回受けられます(1レッスン160円)。DMM英会話が最も売りにしているのは、講師の国籍が豊かということです。フィリピン以外にも、セルビアやボスニア・ヘルツェゴビナなど、様々な国出身の講師と会話ができます。さらに、プラス・ネイティヴ・プランというのもあり、こちらは月額15,800円で、イギリス・アメリカ・オーストラリアなどの英語が母国語の講師のレッスンも受けることができます(1レッスン510円)。無料体験は、25分のレッスンを2回受けられます。

  • 良い点:ネイティヴの講師がいる、無料で使用できる教材がある、24時間365日受講できる
  • 悪い点:自己紹介のビデオがない講師もいる

講師の出身国が様々なのは良いですが、その分講師の英語のアクセントも様々ということになります。全員に自己紹介ビデオがあるわけではないので、事前に講師がどのような英語を話すのか確認することができません。講師の発音が気になるという方は、ネイティヴ・プランにした方がいいかもしれません。ただ、教材が用意されている点で、レッスンの質は確保されていると言えるでしょう。

レアジョブ英会話 (https://www.rarejob.com)

レアジョブ英会話は、オンライン英会話の老舗のような会社で、最近は英語学習のためのアプリなども開発しており、利用者の英語を伸ばすという結果にきちんとこだわっている印象を受けます。また、カウンセリングを受けることもできるので、英語学習に不安が出てきたときもカウンセラーに相談することができます。料金プランは、日常英会話コースだと月額6,780円(1レッスン226円)、ビジネス英会話コースだと月額10,780円(1レッスン359円)でそれぞれ25分のレッスンを1日1回受けられます。無料体験は25分のレッスンを2回、カウンセリングを2回受けることができます。

  • 良い点:カウンセリングがある、教材がある、ビジネスに特化したレッスンがある
  • 悪い点:講師は全員フィリピン人

レアジョブは比較的安い値段でビジネス英会話を受けることができるので、ビジネス重視の方には良いかもしれません。しかし、講師は全員フィリピン人ですので、ネイティヴの講師とビジネス英会話を学びたいという場合には向かないでしょう。

EFイングリッシュライブ (https://englishlive.ef.com/ja-jp/)

こちらは世界各国で提供されているオンライン英会話サービスです。月額6,900円(税別)で40分のマン・ツー・マン・レッスンを4回、45分のグループ・レッスンを20回受講することができます。全て受講すると1レッスン288円の計算になるようです。無料体験はマン・ツー・マン・レッスンを1回、グループ・レッスンを3回受けられます。EFイングリッシュライブの特徴は、講師が全員英語のネイティヴスピーカーであり、世界中の受講者とともに受けるグループ・レッスンがあることです。ですので、自宅にいながら留学した雰囲気を味わうことができます。

  • 良い点:講師が全員ネイティヴ、教材がある、TOEIC・TOEFLなどの試験対策も可能
  • 悪い点:グループ・レッスンが中心

料金体制からも伺えるように、ここはグループ・レッスンを上手に使える方にはお得なサービスであると思います。マン・ツー・マンでじっくり話したい、教えてもらいたいという方には向かないかもしれません。

<レッスン毎の支払い制>

さて、ここまで月額制のオンライン英会話をご紹介してきました。最初に支払う料金が安いのでお得な感じがしますが、正直、月額制のオンライン英会話は、怠け癖がある方には向かないと思います。というのも、1回のレッスンが100円台で受けられるとは言え、それは毎日かかさずレッスンを受けた場合のみであるからです。私も大学生のころオンライン英会話を使用した経験がありますが、大学の授業やアルバイトがある中、毎日レッスンを受けるのは意外と大変でした。さらに、通う形式の英会話と違い、ボタンひとつでレッスンをキャンセルすることもできますから、ちょっと面倒臭いなあと思ってレッスンをさぼってしまうこともしばしばでした。さらに言ってしまえば、講師の質が高くないと学習のモチベーションが上がらないのも確かです。そうして月毎の受講数が減っていくと、1回のレッスンが割高になってしまって、お得感がなくなってしまいます。

そこで、自分が受けたいと思ったときにだけ受けられる、あるいは週1回くらいのペースで大丈夫という人におすすめなのが、以下で紹介するオンライン英会話サービスです。

カフェトーク (https://cafetalk.com)

最近人気の出てきているカフェトークは、英会話だけでなく、他の言語や趣味の分野まで様々なレッスンを受けることができます。レッスン内容と料金は講師によって決められており、自分のニーズにあったレッスンを探すことができます。支払いに関しては、最初にカフェトーク・ポイントというのを購入する必要があります。1ポイント=1.08円です。他のオンライン英会話のサービスと違って、カフェトークには英語が母国語で、英語を教える資格を持った講師がたくさんいます。講師によっては、資格試験対策、文法、リーディング、添削などのサービスを提供している場合もあるので、自分に必要な部分のみを強化することができます。ネイティヴの講師であっても、1レッスン500~1000ポイントでレッスンを提供している講師もいますから、英会話中級者以上で、週1、2回のペースで十分、という方にはおすすめです。

italki (https://www.italki.com/home)

最近、新しいオンライン語学学習の形を生み出したのがitalkiです。ここの特徴は、講師陣が語学を教える資格を持ったプロフェッショナル講師と、資格は持たないけれど学習の手助けをしてくれるコミュニティ講師に分かれており、受講者のニーズに合わせて講師のレベルを選択することができるのです。また、それ以外にもお互いの語学を学びたいもの同士が友達になってチャットをすることもできます。レッスンを受けるには、italkiクレジットというアメリカ・ドルを基にしたポイントを購入する必要があります。購入の際に手数料が3.8ドルほどかかります。

レッスンの料金は講師によって決められています。平均的には、プロフェッショナル講師で1時間あたり10~20ドル、コミュニティ講師で5~15ドルが目安です。月額制のオンライン英会話と違って1回のレッスンが1時間ですから、しっかり会話の時間を確保することができます。また、全ての講師が自己紹介ビデオを投稿するように定めされていますので、レッスンの前に講師がどんな英語を話すのか確認することができます。

英語学習のための友達を作りたい方、友達感覚でおしゃべりをしながら英会話を上達させたい方、プロから指導を受けたい方など、すべてのニーズを満たしてくれるのがitalkiです。

Preply (https://preply.com/ja/)

italkiと似たようなサービスを提供しているのが、Preplyです。こちらはSkypeでの指導の他に、自宅付近でレッスンを提供している講師を検索することができます。料金は講師によって決められており、平均的に1時間5~15ドルのレッスンを提供する講師が多いです。支払いはクレジットカードやPaypalなどのシステムを利用することができます。

サービスはitalkiと似ていますが、こちらは講師の質がピンキリで、かつ自己紹介のビデオを投稿していない講師も多いですから、相手がどんな人なのか事前によくわからないという欠点があります。しかし、講師によっては1時間で3ドルなど、とても安い料金設定にしている講師もいます。試しに軽い気持ちで受けてみてもいいかもしれません。

<まとめ>

以上、Skypeを使ったオンライン英会話のサービスをご紹介してきました。月額制のものは、きちんと毎日続ければ安くてお得ですし、毎日少しでも英語に触れることができます。ですので、英会話初心者で、継続的に英語に触れることでまずは英会話に慣れたいと思っている方におすすめです。

一方、月額制ではなく、1回のレッスン毎に支払いを済ますサービスは、講師によって料金設定が異なりますので、まずは講師を選ぶのに苦労するかもしれません。しかし、月額制のものよりもネイティヴ講師や資格を持った講師が多い点、また講師によってはスピーキングだけでなく、様々な分野の指導をしてくれる点において、英会話中級者以上に向いているサービスなのではと思います。支払う料金が固定ではありませんが、安いレッスンを選べば選ぶほど安く済ませることができます。ここで紹介した会社以外にも、オンライン英会話サービスは驚くほどたくさんあります。たくさんありすぎて迷ってしまうと思いますが、自分の英会話のレベルとニーズをきちんと見極めた上で、より自分に合っていてよりお得なサービスを利用し、英会話を上達させましょう! 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る