英語の発音練習はアプリが便利!録音機能で鍛える会話力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語の発音は完璧である必要はありませんが、できなさすぎても会話に支障がでます。英語の習い初めは特に「ネイティブのようにカッコよく話したい」と憧れますが、一方で「通じればいいのでカタカナ発音でも問題ない」という意見もあります。確かに、完璧な発音を意識するあまり話せなくなるのは日本人の悪いクセです。

多少の不正確さはあっても、ネイティブなら意味をくみ取って理解してくれますから、気後れせずどんどん話すことが上達につながります。

だからといって「work」を「ワーク」と発音するような完全なカタカナ英語でもダメです。まだ英会話教室の先生は、日本人の発音に慣れているのでわかってくれるかもしれません。困るのは海外旅行などで日本人と話したことがない相手と話すときです。あいまいな発音では通じません。正しい文法、語彙を選んでいるのに発音が不正確だと何度も聞き返されます。私もオーストラリアのケーキ屋さんで「フルーツタルト」が通じずに、何度も何度も言い直しました。ほかの単語に言い換えることもできず、本当に困りました。発音練習をする価値はこの「通じない単語を減らす」ことにあります。今回はアプリを使って、スキマ時間で無理なく練習できる方法をご紹介します。

ネイティヴに発音を直してもらうのは難しい

今は安くレッスンが受けられるオンライン英会話もありますが、ネイティブ講師に発音を直してもらうのは大変です。生まれてからナチュラルに英語を身につけた人は発音について意識したことがありませんから、あなたの発音を「なんか変だ」とは感じても、どうすれば正しい発音になるのか説明ができません。

結局何度も正しい発音を繰り返してもらい、それを真似するしかありません。またネイティブ講師は多少聞き取れなくても前後の流れで意味を理解してくれますから、発音がおかしくてもいちいち指摘しないでしょう。

正しい発音よりもスムーズに会話を進めることを重視するからです。あなたもカタコトで日本語を話す外国人と出会ったら、相手の日本語の不正確さや発音を正すよりもまず、何が言いたいのか一生懸命聞いて答えようとするでしょう。このように、発音というのは英会話で最重要ポイントではありません。

ただし海外旅行で英語を使いたい、ビジネスで英語を話す機会がある、という人は最低限「通じる英語」を話す必要があります。

初心者ならとにかくCDの真似をする

英語の勉強を始めたばかりでまだ経験が浅い人は、発音と同時にイントネーションも気をつけましょう。イントネーションとは、疑問文の時に語尾を上げたりする、文全体の高低のことです。英語は日本語よりイントネーションの幅が大きく、大事な部分を少し大げさに強調しないと伝わりません。イントネーションを身につけるには、習うより慣れろです。

CD付きの簡単な英会話の本を買って、覚えるまで何度も音声を声に出して真似てみてください。ただリピートするのではなく、よく音を聞いて発音もイントネーションもできるかぎり近づけるようにしましょう。

自分の発音を確認するには録音が一番

CDの真似をして、ある程度英語の話し方に慣れてくると、今度は「この発音で合ってるんだろうか」と心配になってきます。ちゃんと発音できているつもりなのに、話した時に通じなかったりすると自信もなくなってしまいます。自分の発音を確認する一番手っ取り早い方法は、声を録音して聞いてみることです。携帯電話にボイスレコーダー機能が付いていればそれを利用してもいいですね。

いつも聞いているネイティブの音声と自分の発音の違いは録音してみるとはっきりわかります。またiPhoneを使っているならSiriを英語に切り替えて話しかけてみてもいいでしょう。わかりづらい発音をすると、Siriは答えてくれません。

録音機能がついている便利なアプリはこちら

自分の声をいちいちCDと聞き比べる作業が面倒な人には、録音機能がついている英会話練習アプリがおすすめです。中にはあなたの発音のどこがおかしいか教えてくれるものもあり、繰り返し練習することで上達できます。

無料のアプリと有料のアプリを両方ご紹介しますが、まずは無料で試してから、物足りなくなったら有料に切り替えるといいでしょう。

発音もリスニングもリーディングもこれ1つ、EnglishCentral

レベルに合わせた総合的な英語学習ができる無料アプリ、EnglishCentral

発音だではなく、英語の基礎力アップのためにぜひ使ってほしい優秀アプリです。1~2分ほどの短い字幕付き動画を見て、目と耳から英語を覚えることができます。動画はレベルとテーマ別に選べるので、興味あるトピックで勉強できます。数々の機能の中でも発音練習に最適なのが、録音機能です。動画の英文を聞いて1文ずつ録音し、オリジナルの音声と自分の音声を聞き比べることができます。操作もとてもかんたんなので、電車の中などのスキマ時間を利用してどんどん動画を見ていきましょう。どのアプリを使うか迷うなら、まずこれをダウンロードしておいて損はないです。

基本単語の発音を極めるなら、発音博士

「walk」と「work」というような似ていて間違いやすい単語の発音や、できているつもりだけどイマイチ自信がない単語の発音を細かくチェックできるのが発音博士です。(iPhoneのみ対応)

「基本の100英単語」と「月・曜日・数の英単語」が無料で利用でき、ほかに有料メニューとして「中1~中3英単語」と「L,Rで始まる英単語」があります。メニューからわかる通り、日常会話でよく使う基本単語の発音をひと通りチェックすることができます。表示される単語を発音すると、見本と比べてどこが間違っているかを発音記号で詳しく示してくれます。LやRといったわかりやすい発音の間違いだけでなく、今まで気づかなかった意外な弱点に気づけますよ。基本の単語を何度も練習することで、新しい単語に出会ったときに正しい発音が浮かぶようになります。無料メニューだけでも極めればかなり力がつくアプリです。

カジュアルなフレーズを学びながら発音チェックできる、OKpanda毎日英語

かわいいパンダのアイコンとカラフルな画面が見ていて楽しい無料アプリ、OKpanda毎日英語。(iPhoneのみ)

「おしゃべり」「気持ち」「食べ物」「デート」など日常的なテーマから会話を選択でき、見本の音声を聞いて発音すると、フレーズごとに判定してくれます。アルファベットごとの発音練習もあるので、よく間違える弱点ポイントも押さえられます。会話にはカジュアルなスラングも多く含まれています。教科書通りではない生きた英会話を学ぶことができますよ。英会話の流れがわからない初心者の人や、フランクな話し方を覚えたい人におすすめのアプリです。

脱初心者!日本語訳のない本格発音チェックアプリ、ELSA Speak

英会話に少し慣れてきた人は、会話の発音を厳しくチェックしてくれるELSA Speakでさらにレベルアップを目指しましょう。(iPhone版はこちら

旅行やビジネスなどのジャンルから会話を選び、見本を聞いてから自分の声を録音すると、どの単語の発音ができていないか教えてくれます。日本語訳がないので、英文を理解するために中学校レベルの文法知識はあった方がいいでしょう。例文には実用的なフレーズが多く出てくるので、実際に英会話をする前の練習としても最適です。

判定はけっこう厳しいですが、発音がうまくいくとレベルポイントがもらえ、ゲーム感覚で上達することができます。

スマホで持ち運べるフレーズ集、Real英会話

有料アプリをひとつダウンロードするなら、本のフレーズ集より安く多機能なReal英会話をおすすめします。(iPhoneのみ)

シチュエーション別の2000のフレーズに加え、毎日新しいフレーズが1つずつ追加されます。また希望のフレーズをリクエストしてアプリに追加することもできます。Siriと連動しての発音チェックのほかに、リスニングやディクテーション(書き取り)、クイズもあります。例文も豊富で、同じような内容の本を買うよりも安いのでコストパフォーマンス的にもおすすめのアプリです。

発音を極めたいなら発音記号を知ろう

英語の発音は、素直にローマ字読みできないところが難しいですよね。「come」は「カム」と読みますが、つづりは「コメ」とローマ字読みで覚えた人もいるのではないでしょうか。英語がローマ字読みできないのは、単語が発音記号にそって読まれているからです。単語集を見ると、単語の後ろに発音記号が書いてあることがあります。

英語はカタカナよりこの発音記号で読めた方が正確な音が出せます。かと言って、今から全部の発音記号を覚えるのは面倒です。まずはアプリで自分がよく間違える、苦手な発音を見つけましょう。よくあるのは「L」と「R」、「TH」などですが、実際には「a」の発音や「u」の発音も日本語と違うのでひっかかりやすいです。見本の音声を聞くだけではいまいちうまくいかない時は、その部分の発音記号を確認して練習するといいですよ。発音記号ごとの口の動きを解説したページがありますので、参考にしてください。

英語の発音記号の読み方日本人が苦手な発音のコツと単語例【Langland

発音を習うなら日本人に習うべき

テキストのCDを丸暗記したり、アプリで練習したりすれば通じる発音を身につけることができます。それでもやっぱり誰かに自分の発音を確認してほしい、と思うなら、ネイティブではなく日本人の講師に頼みましょう。最初に言ったように、ネイティブスピーカーは英語の発音を意識せずに話しているため、あなたの発音に違和感があっても具体的にどうすればよくなるか説明ができません。逆に同じように英語の発音に苦労して、できるようになった日本人の方が適切なアドバイスができるのです。日本人に本当の発音がわかるのか…とまだ疑っている人は、一度日本人講師専門のオンライン英会話を試してみてください。

ワールドトーク: 日本人講師のオンライン英会話

バイリンガルの日本語講師ばかりなので、初心者でも緊張せず本格的なレッスンが受けられます。「発音指導できる講師」というカテゴリーで検索すれば、マンツーマンでしっかり発音チェックしてもらうことができます。

発音を極めるには耳に英語をたくさん入れる

子供は大量の英語を聞くことで耳から覚えます。英語で指導している幼稚園に通う子供は、意味や文法は知らなくても発音だけは抜群にいいのです。大人も同じく、正確な発音に近づけるためには大量のインプットが必要です。インプットを意味のあるものにするために、ただ流し聞くのではなく、ある程度意味がわかるものを集中して聞いてください。

最初にご紹介したアプリEnglishCentralでもレベルに合わせたリスニングが可能です。洋楽を聞いたり映画や海外ドラマを見ることが好きな人は、日本語訳に頼らず意識して英語を耳に入れるようにしましょう。完璧に意味を理解する必要はありません。まずは聞き取れた単語だけでも口の中で真似するようにしてください。1音1音ゆっくり正確に発音できても、会話の流れは早いのでついていけません。せっかく練習したのに本番で口が回らない、なんてことは避けたいですよね。発音の練習と同時に、できるだけナチュラルなスピードで話す練習もしておきましょう。

発音を意識しすぎると話せなくなる

英語の発音が良くないと通じないことがあるとお伝えしましたが、発音を意識するあまり話せなくなるのでは本末転倒です。ネイティブなみの発音で英語をペラペラ話せたらかっこいい…と憧れる気持ちはわかります。

しかしスムーズに英会話を進めるためには、発音だけでなく語彙力、文法力、英語独特のフレーズなど身につけなければいけない要素がたくさあります。最初の発音は通じる程度でいいので、あとはリスニングやスピーキングの練習のなかで自然と引き上げていきましょう。

目標が高いのはすばらしいことですが、完璧を求めすぎて身動きできなくなるようなら、発音はとりあえず捨てておいても構いません。

目的に合わせて着地点を設定する

あなたが英語を学びたいのは、海外旅行に活かしたいからでしょうか。それともビジネスで必要だからでしょうか。海外旅行や外国の友人と話したいなら、発音よりもフレーズを覚えたり、リスニングを鍛えたりする方がうまくコミュニケーションできます。

発音の練習はあとから、最低限でも大丈夫です。しかしビジネスでで本格的に英語を使うとなると話は別です。いくら「発音の良さよりも通じることが大事」といっても、あまりに聞き取りづらいカタカナ英語だとビジネスのレベルも低く見られます。外国人がカタコトの日本語を話しているとちょっと幼いというか、かわいく感じてしまいますよね。うまく舌が回らない様子が、子供の話し方に似ているからです。

カタコト英語は親近感を持たれたりプラスの要素もありますが、ビジネスの場でたどたどしく話すと、マイナスになることもあります。特に英語圏出身者の中には「英語ぐらいちゃんと話せて当然」という意識がある人も多いです。最初から完璧を目指すことは難しいですが、だからこそ、初心者の段階からある程度発音も意識した練習をしていきましょう。「発音は中級になってからでいいや」とカタカナ英語で乗り切っていると、それがクセづいてしまいなかなか抜け出せなくなります。あなたが最終的に目指す場所はどこなのか、それに合わせて計画的に勉強していってください。

正しい発音よりも伝わる英語を

英語は日本語と口や舌の動かし方が違うため、集中して練習するとすぐ頬の筋肉や舌が痛くなるでしょう。最初は慣れない動きに手こずりますが、だんだんスムーズに話せるようになります。スペルや発音記号を意識しながら練習すれば、カタカナで英語を理解する必要がなくなりますので英語脳も作りやすいです。また、ネイティブの発音を意識しすぎなくても大丈夫です。英語圏の人であっても、出身地のなまりが強く聞き取りづらい人もいます。英語の発音に正しい答えはありません。相手にきちんと通じさえすればそれでいいのです。ネイティブよりも、あとから英語を勉強した外国人の方が聞き取りやすい発音になることもよくある話です。

「ネイティブじゃないからどうせ無理…」と思う前に、ほかの人にとって聞きやすい英語を話すよう心がけてみてください。はっきり、きれいに話された英語は何より「伝える力」を持っていますので、必ず相手の耳に届くはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る